麹 ダイエット効果

酵素とダイエットの関係

酵素とダイエットの関係



酵素は体内において分解や合成をスムーズに進める効果がある必要な成分です。

酵素は潜在的に体内に存在しているものもあり、例えば唾液にはアミラーゼ、胃液にはペプシンがあり、すい臓にはリパーゼやアミラーゼなどが、食べ物の成分の分解をしています。

ダイエットに効果的な3つの酵素


ダイエットの強い味方の酵素の中でも特に重要なのが【アミラーゼ】【プロテアーゼ】【リパーゼ】の3つの酵素。

これらの酵素が分解するのは、 アミラーゼ=でんぷん、プロテアーゼ=タンパク質、リパーゼ=脂肪 となっており、それぞれダイエットに必須の分解機能となっています。
タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)になると、体内だけではなく洗剤などにも使用されているんです。

酵素の効果として、代謝を増加しながら摂取カロリーを抑える点があり、これによって痩せやすい身体を作ることに繋がっています。
体内にある場合は消化や吸収や分解、排泄と新陳代謝の促進を行い、ホルモンバランスの調整の働きもあるため健康や美容にも効果的です。

運動と酵素


すい臓にある脂肪燃焼酵素のリパーゼであれば、アミノ酸を体内に取り込むことによって活性化し体脂肪が血液中に送り込むことになります。
このタイミングで有酸素運動をすることによって、血液中の脂肪が効率的に筋肉へ運ばれて行きエネルギーとして燃焼されて行きます。
こういった働きによって、酵素がダイエットに効果があるとされている背景になっています。

より効果的に働かせるには、摂取するだけではなく化学調味料や防腐剤、香料などの人工的な添加物を控えることが重要になります。
偏った食生活や加齢やストレスや栄養バランスの悪化は、働きが悪くなる要因であるので注意が必要です。

麹(こうじ)じゃないとダメなの?

ダイエット効果を発揮するのは酵素なのですが、そのためにわざわざ 麹(こうじ)を利用するのにはワケがあります。

麹(こうじ)から摂取するのが効果的


酵素というのは生野菜や果物、刺し身等にも含まれています。
しかし麹(こうじ)から摂れるものは生野菜や果物に比べて格段に優れているのです。

それは麹由来の酵素は消化吸収が良いうえ、栄養価も高く、便秘を解消したり、代謝をアップしたりするのに効果的なのです。

そればかりか炭水化物を分解してくれるアミラーゼやタンパク質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼといった分解酵素がとてもたくさん含まれています。ダイエットのことを考えるなら、食べ物を分解して、痩せやすい体質になるように導いてくれる酵素は魅力的ですよね。

麹(こうじ)の酵素は高パフォーマンス


他の食べ物から摂るのも良いですがその量や質、種類を比較してみると間違いなく麹(こうじ)から摂れるものに軍配が上がります。
ということは少ない量で効果的ということでパフォーマンスに優れているということ。

どうせ同じ酵素を摂るなら、より健康的になることができ、ダイエット効果を期待できる麹によって摂るのが一番良いですよね。

麹食品ならなんでもいいの?

麹酵素がダイエット効果を高めると話題になっていますが、麹食品ならなにを食べても効果があるんかというと、そうではありません。

ダイエット効果の期待を持つには、酵素が生きて腸まで運ばれないと意味がないのです。
市販されている麹食品というと、味噌・醤油・納豆・チーズといったものが代表的ですが、どれも高温で加熱処理がなされたものになります。

これらは食中毒から消費者を守るための安全加工と捉えられており、販売するうえで欠かすことができない工程でもあります。

その酵素、生ですか?


一般的に酵素が生きられる温度は48度以下であると言われます。それ以上の熱には耐えられないので、加熱処理された酵素をいくら摂取しても、死滅した酵素を摂取していることになり、いくら摂取してもダイエットには意味がないことになります。

生きたままの酵素を腸に届けるには酵素に直接熱が加わらない加工をすることが必要になり、サプリメントはこの点で優秀です。
多くの生酵素サプリメントはカプセルで麹を守って腸に生きたまま届きます。ダイエット効果に期待が持て、更に美容効果のある成分も多く含んでいるので美しく痩せられる便利なアイテムといえますね。

麹由来の酵素を効果的に摂るには

麹(こうじ)は味噌や醤油を発酵させる為に欠かすことの出来ない存在で、日本の食文化と密接に関係しているものです。

昨今ではダイエット効果があることから再注目されています。
麹(こうじ)から摂れる酵素は他と比較してとても優れており、消化吸収が良くて栄養価も高く、便通がよくなったり代謝を高めたり効果があることからダイエットにも良いとされているのです。

非加熱であることが重要


酵素は熱に弱いことからこうじ由来の酵素も生きたものであることが、非常に大切なポイントとなります。

こうじ由来の酵素を効果的にとる方法のひとつは、非加熱の甘酒を飲むことです。
甘酒は手軽であることも魅力の一つだと言えますが、市販品は加熱処理されていたり、酒粕が使用されていたりするので、麹(こうじ)で作った非加熱の甘酒を選ぶことに注意しましょう。

実際非加熱の甘酒を探してみると、市販品の甘酒の多くは加熱処理されています。
そのため、米麹から甘酒を自作している方も多いのだとか。

甘酒もいいけどサプリも


甘酒の摂取量の目安は、1日に大さじ1強程度(おちょこ1杯程度)の甘酒を摂取するだけでも効果が期待できます。
甘酒は沢山摂り過ぎるとカロリーオーバーになってしまうので、毎日少しずつとるのが理想です。

朝食前に1杯飲むと便通を促したり代謝が上がったりする効果が期待出来ます。
また、夜の飲むと疲労回復や美容・安眠効果が得られそうです。

甘酒だとついつい飲みすぎてしまったり、逆に甘酒が苦手だったり、甘酒を毎日飲み続けるのは飽きてしまったりする場合は、麹(こうじ)の生酵素を含んだサプリメントを利用するのも便利ですよ。

 

サイトマップ